鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

ワールドカップの軌跡



鹿嶋市ワールドカップ推進室ニュース vol.16
鹿嶋市ワールドカップ推進室

【世界に開かれる扉は鹿嶋から 】

 2002年ワールドカップを成功させる市民懇話会では、40の構成団体を6部会(将来的には7部会)に分ける案を提示しました。ワールドカップの受け入れのために必要となるであろう課題やアイデアを各部会ごとに出してもらい、全体で検討していこうというものです。

 庁内でのプロジェクトチームと市民懇話会等の民間活動の両輪で、ワールドカップに向けての準備を整えていきたいと考えています。

 組織は、ボランティア・国際交流部、道路景観・環境対策部、観光・宿泊対策部、気運醸成・PR対策部、イベント・にぎわいづくり対策部、学校・地区対策部の6部会と、今後警備・医療・消防交通対策部を考えています。




【W杯成功を祈り自転車ツアーで日韓交流】

自転車ツアーに参加する日本・韓国の学生の記念撮影


 今年で3年目になる自転車ツアーが、先日鹿嶋市にやってきました。日韓の学生によるこの自転車ツアーは、日韓共同開催である2002年FIFAワールドカップ大会の成功に向け、日本の開催10都市を訪問していくツアーで、自らの足と汗と各地の支援により両国の友情を深めていこうとするものです。

 今回は20数名の学生達が7月21日に大分県を出発し、約40日をかけて札幌まで向かいます。途中開催会場のスタジアムを見学したり、各地の団体との交流を深めたりと、多くの体験を積まれることでしょう。

 鹿嶋では国際交流協会をはじめ、サッカー関係者、ボランティア組織、青年団体等の皆さんで歓迎し、交流を深めながら2002年での成功を誓い合いました。




【メモリアルタイル申込者にプレゼント】

 メモリアルタイル申し込み期限の9月30日まであとわずかとせまってきました。ここで皆様にうれしいお知らせです。来春竣工予定のカシマサッカースタジアム。そのスタジアムでのこけら落としの記念試合に、全申込者の中から抽選で50組100名の方をご招待します。

 どんなゲームになるかはあとのお楽しみとして、まだ申し込みのされてない方は急いでご応募下さい。




【市民1000人ボランティア活動の写真パネル展】

 去る5月28日に、職員ボランティアの方々をはじめ市民の皆さん1000人による、国道51号バイパス花壇づくり活動がありましたが、それを記録した写真パネル展が以下の通り開催されました。ぜひ一度ご覧ください。
第1回
常陽銀行鹿嶋支店 8月11日(金)〜18日(金)まで
第2回
チェリオ ジーコ広場 8月22日(火)〜30日(水)まで
第3回
市役所1階ロビー 9月1日(金)〜7日(木)まで
第4回
大野支所ロビー 9月11日(月)〜18日(月)まで



【2002Q&A】

Q.新しくなるカシマサッカースタジアム。ワールドカップが終わったら一部取り壊されるって本当?
A .スタジアムの躯体部分については、ほぼ全貌が見えてきたところです。今後は、9月のカップ戦、ピッチ開放イベント(9/10)後に照明塔とメインスタンドの諸室ブースが取り外される予定になっています。その後はワールドカップ終了時点を含め、躯体の取り壊しは計画されていません。



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス