鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

ワールドカップの軌跡



鹿嶋市ワールドカップ推進室ニュース vol.7
鹿嶋市ワールドカップ推進室

【世界に開かれる扉は鹿嶋から 】

 イベントの秋。2月に行われた牛島洋さんのフォーラムからはや9ヶ月が経ち、今月13日にはそのフォーラムのPART2が行われました。そのフォーラムの速報と来月12月7日に行われるワールドカップの予選抽選会についてお伝えします。



【2002年FIFAワールドカップフォーラム開催される】

 11月13日中央公民館大ホールにおいて、本市を会場に開催されるワールドカップに 向け、開催気運を高めようと「2002年FIFAワールドカップフォーラム-カシマ・今なすべきことPART2」が市、鹿島サッカー協会、市体育協会主催で約200名の市民、関係者を集め開催されました。

 フォーラムは2部構成で行われ、第1部はW杯日本組織委員会の長沼健副会長が「ワールドカップ会場地のホスピタリティ」と題して講演。 その中で長沼氏はホスピタリティ(歓待心、もてなし)は「相手の言葉や立場で考え、どこまで思いやりの気持ちをもてるかが鍵」「そのため目的意識を持ち、その上で自分の役割を果たすことが大事」と語られました。

 また、「Jリーグでのボランティア経験を生かせば鹿嶋にはお迎えできる体制はできており何ら心配はしていない」と受け入れ態勢 に太鼓判を押されています。

 第2部は「鹿嶋で開催される意義」についてのシンポジウムで長沼氏と、鹿島アントラ ーズ初代監督宮本征勝氏、鹿島サッカー協会の立原克彦さんがワールドカップの受け入れ、課題について話されました。

 宮本氏はフランス大会での現地の対応について「 1人でスタジアムに行くことができた。案内所とボランティアでお迎えムードが漂う状態で あった」とアメリカ大会以前のツアー視察と比較され語られました。また立原さんはボランティアについて、「第1次管理エリア外にもボランティアを組織すべきである。

 駅 、街中そしてイベント広場などに配置すべきだ」とボランティア組織の充実を力説され、 さらに「子供たちが国際的な経験をするよい機会で小さい街がワールドカップという国際イベントを成功させれば大きな自信となる」と話され、開催される意義を地元の視点から語られました。

長沼 健氏
  • 要点は選手、審判、観客ら鹿嶋に訪れた人々にいかに気持ちよく過ごしてもらい、帰ってもらうこと
  • 相手の人が何を求めているか的確に捉え、よい思いをして帰った外国の方が 鹿嶋によい思い出をもってもらうことがホスピタリティーにつながる。そしてその外国の方が、鹿嶋の宣伝をしてくれる。
  • ホスピタリティーばかり強調しているがお迎えムードだけでなく、W杯は世界中からスリの集まる機会にもなってしまう。警戒心を忘れてはならない。

宮本 征勝氏
  • 2000年のヨーロッパ選手権もオランダ・ベルギーの共催。2002年も日韓共催。
  • ワールドカップのような大きな大会は支出が多く単独開催は困難となってきている。是非成功させる必要がある。
  • フランス大会の成功はボランテイアの役割、活躍もその要素になっている。
  • お迎えムード向上のため全市をあげて参加を呼びかけ花壇やきれいなまちづくりを 展開 して欲しい。

立原 克彦氏
  • 2002年の4万人のスタジアムで最高の祭りを成功に導きたい。
  • ただ、日本らしさ、鹿嶋らしさの強調が必要で、10会場が全く同じではまずい。
  • サッカー以外で国際交流も可能で、子供たちのワールドカップに関する作文、絵画のやりとりも視野に入っている。
  • フランス大会でオーロラビジョンのない会場が2つあり、さらにメキシコ、オランダ戦は時計が動かなくても試合はできた。特別な準備はあえて考えなくても、おおらかにやれそうな気がする。(アメリカ、フランス大会視察の経験から)




【ワールドカップ PRELIMINARY DRAW(予選抽選会)開催】

 2002年6月1日のFIFAワールドカップの本大会に向けて12月7日に「2002年FIFAワールドカップ予選抽選会」が東京国際フォーラムで開かれます。

 これは2002年FIFAワールドカップの三大公式行事の一つで、あとは本大会抽選会、本大会であり、2002年へ向けた最初の公式行事です。これはFIFA(国際サッカー連盟)、JFA(日本サッカー協 会)、JAWOC(2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会)が主催となり行われます。

 当日はFIFAのメンバー、予選大会に参加申請した各国サッカー協会などの世界中のサッカー関係者、世界中のメディア関係者、ワールドカップのオフィシャルスポンサー その他公募による一般招待客(800人)を含め、約4,000人の来場が見込まれており 本市の内田市長も他の会場地、公認キャンプ地の首長の皆様と参加される予定となっており、盛大なイベントになるものと思われます。




▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス