鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

ワールドカップの軌跡



鹿嶋市ワールドカップ推進室ニュース創刊号
鹿嶋市ワールドカップ推進室

【鹿嶋発 世界に向けてキックオフ】

 開催国の優勝というドラマティックな結末で幕を閉じた1998年ワールドカップフランス大会。いよいよ次の大会は、2002年日本と韓国の共同開催となります。世界中を熱狂の渦に巻き込む、世紀のスーパーイベントの実現。開催までちょうど3年。ここでは、この大会の成功に向けての情報を発信していきたいと思います。



【大会の象徴「公式エンブレム」世界同時発表】

 大会のシンボルマークとなる公式エンブレムがJAWOC(日本組織委員会)から5月31日に発表されました。今回、発表した公式エンブレムは同大会の象徴であり、大会終了までの間様々な形で登場し、サッカーファンはもとより世界中のあらゆる人々に記憶されていくこととなります。

 デザインはワールドカップの偉大さと世界的人気を表現し、日本、韓国の文化とFIFA(世界サッカー連盟)のイメージをバランスよく調和させたものとなっています。エンブレムの円形部分は地球とサッカーボールをイメージしており、サッカーが世界共通のスポーツであることと、サッカーの躍動感を同時に表現しています。

 中央には公式エンブレムとしては初めてFIFAワールドカップトロフィーをモチーフに取り入れており、外側の円の一部が意図的に開いているのは、トロフィへの道、すなわち勝利をイメージしたものとなっています。

 文字の部分は2002年の2つの0を無限大のシンボルであらわし、参加するすべての人々と協同開催国間の協調の精神と調和を意味しています。また、FIFAの名と2002の年号は高いクォリティを象徴するため金色とし、日韓のロゴタイプは伝統的なアジアの書体を現代的にアレンジしています。

 2002年FIFAワールドカップの全ての象徴であるこの公式エンブレムは熱狂と興奮、そして深い感動を世界の人々に永遠に残すこととなるでしょう。

 なお、今回発表した公式エンブレムをはじめ、今後、公式マスコットの発表、予選組合せ抽選会の実施など、2002年大会へ向けて様々な活動が予定されています。

公式エンブレム



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス