鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

教育委員会



教育長挨拶

教育長地域と共に育てる鹿嶋っ子

                   「新しい年度を迎えて」

 鹿嶋市教育委員会は,事務局職員や教育機関職員の異動を完了し,また,幼稚園,小・中学校の入園入学式を無事に終えて,「世界に羽ばたく鹿嶋っ子の育成」という大きな目標に向けて,平成22年度を力強くスタートいたしました。

 例年の事ながら,学校,家庭,地域のより深い連携のもと,子どもたちが抱く大きな夢の実現に向かい,毎日の学校生活を楽しく,しかも安心・安全に送れるようにと心から願わずにはいられません。改めて保護者,地域の皆さまの更なるご理解とご支援,ご協力をお願いいたします。

 さて,私たち教育委員会は,鹿嶋市教育基本計画の重点目標として掲げた5項目に基づき,教育行政運営方針や学校教育指導方針を毎年作成し,より良い教育の実践と充実に日々努めています。

 今年度は,以下の事業を重点にさまざまな事業に取り組んでまいります。

1.豊かな心と生きる力の育成では
 ・小学校4年生を対象として,白浜少年自然の家等で1泊2日の宿泊体験学習を実施し,さまざまな体験活動をとおして,生きる力の育成に取り組みます。
 
 ・フロンティア・アドベンチャー事業は,今年度で第20回を迎えます。小学校5・6年生を対象に,福島県那須甲子青少年自然の家を拠点に自然の中での原生活体験をとおして,生きる力,忍耐力や自立心,協調性等,心の豊かさやたくましさを育むため,10泊11日の長期宿泊体験学習を実施します。
 
 ・読書は学力の基礎を築くのみならず,豊かな知性・感性を育てるために欠くことのできない活動と考えています。市内の全小・中学校では,朝の読書時間を設け積極的に読書活動を推進しています。また,学校図書館の整備を進め,鹿嶋市独自で各小学校に専任司書の配置を進めています。平成21年度までに波野小学校・高松小学校・三笠小学校・大同西小学校の学校図書館を整備しました。今年度も新たに小学校1校の学校図書館を整備します。

2.学力の確実な向上では
 ・小学校の早い段階から,学習態度や生活習慣をしっかり身につけるためには,1学級の人数を少人数化することが効果的です。小学校1・2年生において,市費負担教職員を配置し,30人以下の少人数学級を実施します。
 
 ・小学校の高学年になると学習内容が難しくなり,より専門的な指導が必要になります。そのため,理科や技能教科では,教科の免許を持った専科担当の非常勤講師を配置し,より専門的な学習指導を進めます。
 
 ・小・中学校では,先生方が「子どもと向き合う時間がとれない」,「十分な個別指導ができない」等の現状があります。そのため,小・中学校へティームティーチング講師,小学校へアシスタントティーチャーを配置し,きめ細かな学習指導を行います。
 
 ・学校の授業では,子どもたちが,前年度においてどの程度学習内容が身についたかを先生方が把握し,理解が不十分である部分については,補充学習や指導法の改善等をすることが重要です。小学校3年生から中学校3年生まで茨城県学力診断テストを実施し,その結果を有効に活用して子ども一人ひとりへの支援をしていきます。
 
 ・全国学力・学習状況調査は,児童・生徒の学力の状況を知るため,小学校6年生及び中学校3年生を対象に行います。本市では小学校3校,中学校2校が対象となりますが,その他の学校でも同じ問題を用いて調査を行います。学力の状況を把握するとともに,児童生徒の学力向上と教員の指導方法改善に役立てます。

3.郷土理解教育と国際理解教育の推進では
 ・主に小学校3・4年生の社会科では鹿嶋市独自の社会科副読本を活用し,学校の周りの様子,鹿嶋市の産業やくらしの様子を学びます。身近なところから郷土を学び,鹿嶋への愛着を深めます。
 
 ・世界に羽ばたく人づくりの一環として,文部科学省から「教育課程特例校」の認可を受け,小学校全学年においてNLT(英語を母国語とする外国語指導講師)と担任による英語活動を実施し,英語によるコミュニケーション能力を高めていきます。
 
 ・今年度は,姉妹都市である韓国の西帰浦市に中学校2年生24名を派遣します。西帰浦市の中学生と友好を深めるとともに,韓国の歴史・文化を学びながら国際理解学習を進めます。

4.スポーツ・芸術文化活動の振興と市民交流の推進では
 ・市の行政内容や地域課題に関心を持ち,学ぶことができる機会として,市職員による「まちづくり出前講座」を実施します。また,引き続き市民が持っている知識や技術が活用できる市民講師登録制度を充実していきます。
 
 ・成人スポーツの振興として,日常的にできるウォーキング等の軽スポーツの普及に取り組んでいきます。実施方法についても身近な施設を有効に利用していただくために地域のまちづくりセンターと連携して運営をしていきます。
 
 ・まちづくり市民センター(中央公民館)や各まちづくりセンター(公民館)を拠点に,地区まちづくり委員会を中心とした市民活動を支援し,生涯学習やまちづくり活動の充実に取り組みます。

5.安心して学べる教育環境づくりでは
 ・本年度は,平井小学校の耐震補強工事を含めた大規模改造工事及び鹿島小学校,高松小学校,中野東小学校,鹿島中学校,鹿野中学校の耐震補強工事を実施します。小・中学校の耐震補強工事は,平成23年度末にはすべて完了する予定です。
 
 ・市民が,必要な情報や知識を入手し豊かな生活を送り営むため,新たに中央図書館大野分館を平成23年4月に,「大野ふれあいセンター」(愛称)内に開館するため,その準備を進めます。蔵書冊数3万冊のほか,CD,DVD等のAV資料1千点,雑誌等30種類を排架する予定です。

 以上,本年度の主な事業について述べてきましたが,「世界に羽ばたく鹿嶋っ子の育成」に向け,関係機関,市民の皆さまのご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。


平成22年4月
鹿嶋市教育委員会教育長 青柳 誠司


教育長挨拶「地域と共に育てる鹿嶋っ子」(平成18年4月〜)     
関連項目:ライフイベント>学校教育     
関連項目:教育委員会会議     
関連項目:教育総務課     
関連項目:鹿嶋っ子育成課     
関連項目:中央図書館     
関連項目:生涯学習課     
関連項目:スポーツ推進室     
関連項目:中央公民館     
関連項目:鹿嶋市教育基本計画(前期)『地域とともに育てる鹿嶋っ子いきいきプラン』     
関連項目:鹿嶋市教育基本計画(後期)『地域とともに育てる鹿嶋っ子いきいきプラン』     
関連項目:鹿嶋市教育行政評価の公表について     



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス