鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【今月のページ平成22年7月17日】

不法投棄について

 不法投棄は夜間に行われることが多いです。夜、監視活動を実施するべきではないでしょうか。他の自治体では夜間を中心に、民間業者に委託しているところもあるそうです。鹿嶋市でもご検討ください。

市長の回答

 市内全域で約600名の環境サポーターが活動しています。ご意見のとおり、夜間の不法投棄が多い状況にありますが、夜間の活動は危険が伴い、実施している地区は少ないと思います。今後の検討課題として伺います。

公立幼稚園について

 公立幼稚園で3年保育の希望が多いと聞いています。はまなす幼稚園や第3幼稚園は、人気があり抽選となっています。他の公立幼稚園でも3歳児を受け入れるようにはできないでしょうか。

市長の回答

 私立幼稚園を含めた協議の場があります。しかしながら、市としては私立の経営に影響しないように配慮する必要もあります。以前、3歳児保育の話を進めたとき、反対意見もありましたが、話し合いの中で調整しながら3年保育が始まりました。現状ですぐに増やすことは難しい状況であり、今後の状況を見ながら判断するべきと考えます。

中央図書館・歩道整備などについて

 (1)中央図書館の職員の対応はとにかく親切です。探している本のところまで、きちんと案内してくれます。とても気持ちが落ち着く場所と感じています。大野出張所・まちづくりセンターは建てかえ中ですが、新しい施設にも期待しています。
 (2)県道の歩道整備について、片側だけでも優先して進めてほしいと思います。また、ダンプの通行量が多くて、傷んでいる道路もありますので補修をお願いします。
 (3)残土の埋め立てや土砂採取を行っている場所がありますが、県の許可を受けているのでしょうか。埋め戻しは何が埋まっているのか不安な部分もあります。
 (4)鹿島大野駅周辺にかかっている橋は階段で、自転車で通行できるようにはなっていません。自転車を利用している人が不便に感じているように思いますので、自転車でも通行できるように整備をお願いします。

市長の回答

 (1)(4)ご意見として伺います。
 (2)歩道整備については片方だけでも優先して整備を進めています。
 (3)残土の埋め立てや土砂採取には条例に基づいて許可が必要な場合もあります。実際のところ、無許可で事業を行っている場合もあります。市としては条例を改正し、規制を強化して対応しているところです。

NPO法人の設立について

 NPO法人が8月末に認可予定で、9月から活動を開始したいと準備を進めています。現在、はなます公園のボランティアとして活動しています。
 はまなす公園は建設から22年が経過して、今後、公園設備の充実、施設の運営の面でよりよい方向を考えていただきたいと思います。職員が1年で入れ替わり、全員変わってしまうことは問題があるのではないでしょうか。私たちNPO法人として、はまなす公園の運営などを考えていきたいので、ぜひご検討をお願いします。

市長の回答
    
  お互いの話し合いの中で課題などを整理すれば、方向性が見えてくると思います。いい方向に向くようにしていくために、担当課を交えて協議していきます。

鹿嶋警察署の移転などについて

 (1)市長のマニフェストにある鹿嶋警察署の移転はいつごろになるのでしょうか。警察官やパトカーの数が少ないために、事故が多いと思います。警察官の数を増やせば、犯罪防止につながるのではないでしょうか。
 (2)中学・高校生の自転車マナーが良くないと感じています。車道にはみ出して、2〜3列で走っている姿を見かけます。教育にも問題があるのではないでしょうか。

市長の回答

 (1)県警には、移転してはどうかという地元の考え方について話しをしている段階です。今の鹿嶋警察署は駐車場が狭く、不便な状況にあると思います。神栖市では警察署の設置を要望していますので隣市との関係もあります。簡単な話ではありませんので、県警との話し合いの中で場合によっては調整に時間がかかることも出てくると考えます。
 (2)交通マナーは一人ひとりの心がけです。マナーの向上については県警と協力しながら、啓発活動に取り組んでいます。教育の基本はやはり家庭でのしつけにあると思います。学校教育においても先生の方々は、日ごろからの指導を熱心にされています。家庭・学校・地域が一体となって、子どもたちの健やかな成長や学力向上の体制づくりに努めていきたいと考えます。

鹿嶋コミュニティバスについて

 日ごろから交通手段として、鹿嶋コミュニティバスを利用しています。バスの運転については、立っている人がよろけてしまうスピードで曲がるときがあります。運転手にもよると思いますが、高齢者の利用が多いため、配慮してほしいです。

市長の回答

 バスの運転は安全が第一です。乗客の皆さまに対しては、当然配慮があるべきですので、ご意見として民間のバス会社にお伝えします。




▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス