鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【今月のページ平成22年6月19日】

自宅前の道路の舗装について

 自宅前の道路は、子どもの通学路になっていますが、未舗装で草が繁茂しています。夏になるとヘビが出て危険に感じています。何年も前に市役所に聞きに行った際、舗装されると聞いたのですが、いまだに舗装されません。どうなっているのでしょうか。
 
市長の回答

 ご指摘の道路については、私道になっていると思われます。私道を市で舗装することは考えにくいのですが、過去の経過や状況をよく確認し、後日担当課からご連絡差し上げます。

農業・転作組合についてほか

 この件については、2月に行われた市長と語る午後でもお話しして、要望書も提出しています。昭和40〜50年の間、大野東部土地改良事業が行われましたが、角折第3機場のポンプが壊れて修理には1,000万円以上かかるとの理由で、今でもそのままです。その後、国の減反政策で転作組合をつくり、麦を栽培しようとしましたが、客土不足が原因で水が溜まってしまいます。組合は1〜3工区に分かれていて、私の農地がある1工区があまり収穫できずに問題となっています。
 平成15年度で転作に伴う補助が打ち切られて、農業公社と個人の農地との賃借契約となりました。その説明会のとき、現状をお話ししましたが明確な回答はいただけませんでした。担当課からはその後も回答はありません。客土や暗渠工事を実施すれば、状況は改善されると思います。今後のことが心配で、このままでは耕作放棄地になってしまいます。市長のお考えをお聞かせいただきたい。

市長の回答

 過去の経過、現状と課題などを調べて、どのように対応していくか、市として考えていきます。

市職員の対応について

 以前、ある手続きのために市役所に出向いて担当課で説明を受けました。私の提出書類に誤りがあったため、受けられるべきものが受けられませんでした。その制度自体は一般の市民にはわかりにくく、理解が難しい部分があります。市役所の説明不足があったのではないかと感じています。この件については調査をお願いしていましたが、私が手続きを修正するのに時間がかかってしまったこともあり、適用を受けるのに時間がかかってしまいました。
 担当の職員から説明はお聞きしましたが、どこまでが市民の責任で行うのか、市の責任でどこまで行うのかがよくわかりませんでした。私の誤りから始まった事例ですが、その時点で担当課が調べればわかるのではないかとも思いました。
 また、市役所から送付される書類は、受け取って読む相手の立場に立っていないと思います。文字を大きくしたり、イラストを使ったり、よりわかりやすく作成してほしいと感じています。

市長の回答

 ご意見の内容については、担当課でお調べして適切に対応します。市役所からの市民の皆さんへの文書は、ご意見のとおり、もう少し読ませる工夫があってもいいと感じています。今後の課題として伺います。




▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス