鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【今月のページ平成22年2月20日】

農業・転作組合について

 昭和40〜50年にかけて大野東部土地改良事業が行われました。角折第3機場のポンプが壊れて修理には1,000万円かかるとの理由で,今でもそのままです。その後,国の減反政策で転作組合をつくり,麦を栽培しようとしましたが,客土不足が原因で水が溜まってしまいます。組合は1〜3工区に分かれていて,私の農地がある1工区があまり収穫ができずに問題となっています。
 平成15年度で転作に伴う補助が打ち切られて,農業公社と個人の農地との賃借契約となりました。その説明会のとき,現状をお話ししましたが明確な回答はいただけませんでした。担当課からは,その後も回答がなくて何を言っても無駄ではないかと思っています。
 今後のことが心配で,このままでは耕作放棄地になってしまいます。2月上旬,担当課には要望文書を提出し,私の考えを述べています。なんとかいい方向にしていきたいと思っていますので,文書をお読みいただいた上で,ご検討くださいますようお願いします。

市長の回答

 過去の経過,現状と課題などを調べて,どのように対応していくか,市として考えていきます。ご意見を伺うと,容易に解決できる話ではありませんので,即座に回答できないところはあります。組合の皆さんと意見交換なども必要ではないかと思います。市内部で協議しながら,課題解決を図っていきます。

道路の舗装・鹿嶋めぐりト伝号について

 (1)自宅付近の道路が未舗装で,砕石を何度か入れていただいていますが,経費の面から見ても舗装したほうがいいのではないでしょうか。道路の拡張のため1mほどセットバックしていますが,その後の計画がどのようになっているのかはわからなくなっています。道路は15年前と変わらない状況ですが,最近家が建ってきています。せめてセットバックしている部分だけでも舗装していただきたいと思います。

 (2)アントラーズのホームゲーム時に運行している無料周遊観光バス「ト伝号」についてですが,市長にもぜひ乗っていただきたいと思います。乗客のアンケート調査では鹿嶋のきれいな「海」を見たいという意見がありました。現在のコース設定では,車窓から海の見えるルートではありません。多少時間がかかっても海の見えるルートを検討していただきたいと思います。見学コースについては,はまなす公園の展望塔は300円の自己負担がかかってしまい,卜伝の墓は少し危険性があり課題があると思います。鹿嶋市を訪れる観戦客だけではなく,市内の方にも鹿嶋の再発見の機会としてPRをお願いします。

市長の回答

 (1)道路については,ご意見の地区の道路をどのようにしていけばいいのか,排水の状況などを確認して進めなければなりません。部分的に舗装ができるのかどうかも含めて,現地を調査し検討していきます。

 (2)ト伝号については,今後の検討課題として,アンケート調査の結果をふまえながら運行ルートの変更などを考えていきます。市内外に鹿嶋のPRをさらに積極的に進めていこうと思います。

境界について

 平成4年に始まった工事箇所の私有地との境界が,市側の意見と合わず,杭がいまだに打たれていません。工事が着工していた当時に意見の相違があったため,工事を中止してもらおうとまで考えましたが,さまざまな影響があると思い,そのままにしてしまいました。このようなことになるのなら,工事の中止をお願いしておけばよかったと思ってます。平成10年には市長に直接お願いした経過もあります。今年度中には杭を打ってもらえるのでしょうか。

市長の回答

 お互いの言い分があると思いますので,担当との話は継続してほしいと思います。担当としても再度測量をする方向で進めており,今年度中に杭が入るように進めています。なるべく早く対応できるよう伝えます。

市のホームページについて

 私は,以前から市のホームページの改善をお願いしていますが,一向に改善されません。そのため,最近ホームページを(市報は時々見ますが)見なくなりました。ホームページ立ち上げ時,(特に幹部が)ITに関して勉強不足だったのではないかと思っています。

市長の回答
          
 意見として伺います。

残土の埋め立て・道路整備について

 (1)棚木地内の休耕田に残土の埋め立てが予定されていますが,地区としては反対の立場です。反対の理由としては,近くに田んぼが約20か所あって,地下水への影響があげられます。また,埋め立て予定地への道路は子どもたちの通学路になっていて,大型トラックやダンプカーが頻繁に通行して,安全の確保が心配です。事業者は悪い土ではないからと説明して,埋め立ての同意を取っているようですが,契約に疑問を感じています。どこから持ってくる残土なのかわからずに同意してしまったとも聞いています。市としてもこの問題に取り組んでいただきたいと思います。

 (2)市道3229号線に砕石を入れていただきたいと思います。また,子どもたちが安心して通ることができるように,市道0155号線(棚木地内)の歩道整備をお願いします。

市長の回答

 (1)埋め立てには地権者全員の同意が必要で,1件でも反対があればできません。さらに隣接地の同意も得なければなりません。市は,法的に認められていて,条件が整っている場合は認めざるを得ません。契約関係やどのような残土なのかは,地権者の皆さんと事業者がよく話し合う必要があります。市としても現場の状況を確認して対応していきます。

 (2)道路整備については,現場の状況を確認して対応を検討します。

学校教育について

 子どもが大同東小学校へ通っていますが,私たちの時代と比べて学校行事が少なく,いろいろな体験をさせる場面が少ないような気がします(特に部活動など運動する機会ももっと設けてほしい)。また,学校によって行事に違いがあるので,市内全校ある程度,統一してほしいと思います。
 子どもたちのためにどのようなことができるのか,保護者,先生,教育委員会などが連携して考えてほしいです。
 以前行われた教育懇談会も参加者が少なかったと聞いています。土・日の昼間に開催してもよいのではないでしょうか。

市長の回答

 ご意見を伺って,私もそのように思うところもあります。小学生のスポーツについてはスポーツ少年団がメインになっています。
 学校の行事や取り組みについては,教育委員会や校長先生同士の意見交換をしてもらえば「子どものために何をすべきか」が出てくるのではないかと思います。それによって校長先生の裁量で,できることもあると思います。
 私は子育て支援と学校教育を柱にしてきており,これまでも私のできることは教育委員会に対してバックアップしています。うまく現場に合わせられるように私も努力します。




▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス