鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【今月のページ平成20年12月20日】
施設の休館日などについて
(1)スポーツセンターのトレーニングジムを利用していますが,(毎年のことですが)年末年始の休みが長すぎる(今年度の休館日は12月27日〜1月5日)と思います。せめて12月30日〜1月3日くらいでよいのではないでしょうか。このことで担当課には何度か話していますが変わりません。
(2)大野地区に住んでいますが,自宅近くの道路は雨が降っていない日でも水がたまっていてひどい状態です。この件も担当課には話しはしています。 
市長の回答
(1)年末年始の休館日については,ゴミ関係や斎苑など生活にかかわる施設は年末ぎりぎりまでやっていますが,簡単に変更とはいかない状況です。また,仮に開館してもどれだけ利用されるかの調査なども必要と思われます。担当課と協議します。
(2)大野地区については,合併してから排水施設整備を重点的に行ってきていますが,流末をどこに持って行くかが課題の一つとなっています。また,これまでは住宅が点々と建築されていたため,整備が間に合わない状況でしたが,これからは線引きの実施によって計画的に整備ができます。ご指摘の箇所については,担当課に確認させます。 

草刈について
 自宅の隣に空地があり雑草が伸びています。市交通防災課に伺い,土地の所有者には草刈を行うよう通知しているとのことでした。いつ草刈を実施するのかと聞きましたが,所有者の良心によると言われました。昨年までは草刈を実施していましたが,今年は未だに実施していないようです。火をつけられる心配がありますので,再度,通知していただきたいと思います。 
市長の回答
 ご意見のとおり乾燥時期であり,ご心配のことと思いますが,あくまでも本人の意思や良心に頼らなければなりません。市で実施することは困難ですので,所有者にお願いするしかない問題です。所有者に対して担当課からもう一度通知を行うようにします。

児童クラブについて
 子どもが鹿島小の児童クラブに2年間お世話になっていましたが,(申請が遅くなったせいもありますが)今回更新に行ったら,定員がいっぱいのため待機待ちと言われました。待機待ちと言われてもいつになるかわかりません。他で空きがあるのは高松小しかないと言われ,仕事をしている私としては,どうしてよいかわかりません。定員があるというのもわかりますが,これまで2年間入っていたので継続できるなどの配慮がほしかったです。あわせて定員枠も増やしてほしいです。また,児童クラブに入るにあたっての審査に対しても疑問(4月に入って1カ月もしないで児童クラブを辞めている人がいるなど)があります。
 児童クラブの対象が3年生までとなっていますが,4年生になったからといってすぐ一人で留守番できるとは思えません。対象学年の拡大もしくは他の対応策を考えてもらいたいです。 
市長の回答
 担当からは,児童クラブに対しての要望や実情は聞いています。今回のことに関しても気持ちはわかりますが,今まで入りたくて待っていた人もいると思いますので,今ここで「入れるようにします」とは言い切れません。定員増についても要望があることは聞いていますが,スペースや指導員の問題もあり,なかなか応えられていない状態です。審査については,担当課がきちんと対応しています。
 対象学年の拡大については,今のところ考えていません。他の事業としては,児童クラブのない学校に対して放課後子ども教室を実施しています。「児童クラブ」と「子ども教室」は制度上の違いがあるため思うように進まない部分もありますが,それらの要望に応えるのが我々の務めです。
 現在,本市は子育て環境の充実(待機児童ゼロ,校舎の耐震工事,学校給食の地元米の利用など)に力を入れています。要望によっては,時間がかかるものやできないものなどもありますが最大限努力しています。  

市有地の管理について
 10月ころから,ある業者が市の所有する土地に隣接している民有地を掘っています。11月末には工事が終了すると聞いていましたが,最近の状況を見てもまだ重機が入っていて,境界を越えて市の土地まで掘っているようです。
 市役所に何度も相談に行きましたが,500u以下の工事であり規制する条例もなく,地域住民は迷惑しています。市有地が勝手に掘られていて,何が埋められているのかわからない状況です。業者に対して市有地の原状回復を求めるべきであり,市としてきちんと対応してください。
市長の回答
 市有地を掘られているのかどうか確認します。対応については,市有地に手が加えられているのかきちんと立証した上で,警察と連携しながら法的措置を含めて検討します。市として最大限の努力をして対応します。 

市長の弔辞について
 以前住んでいた桐生市では,市民が死亡した際,全市民に対して市長の弔辞が読まれていました(死亡届の提出時にもらえ,区長などが代読する)。市長の弔辞が読まれることで式自体が締まります。鹿嶋市に来てやっていないことに驚きました。  
市長の回答
 弔辞は,長年にわたって市に貢献していただいた人に対して,数回読んだことはありますが,全市民に対してはやっていません。また,市に関係のあった人などには代表焼香などを行っています。 

市長と語る会などについて
(1)私は自宅から市役所やチェリオに来るのにコミュニティバスしかありません。この「市長と語る午後」を年2〜3回でも大野出張所でも実施してはいかがでしょうか。大野地区に住んでいる皆さんはさまざまな問題を抱えていると思います。
(2)カシマサッカースタジアムを始発とする東京行きの高速バスの増便をお願いします。また,市内の循環バスについても経路の見直しや料金を下げるなどして,利用客の拡大を図ってほしいと思います。
(3)アントラーズの試合時にスポーツボランティアとして活動していますが,時間帯によってスタジアム駅に停まりませんので不便を感じています。  
市長の回答
(1)市長と語る会については,大野出張所で平日にできるかどうか検討します。
(2)ご意見として伺います。市内を運行しているコミュニティバスは,乗降客が増えてもなかなか採算が合わない中で,民間事業者が本当に努力をしながら運行していただいています。経路の見直しについても事業者と協議していきたいと思います。
(3)スタジアム駅の常時乗降化について,以前から要望していますので、今後も引き続き継続していきます。

 



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス