鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【今月のページ平成19年8月18日】
線引きについて
 親が角折地内に土地を所有しています。家屋を建築しようと購入した土地ですが、線引き後は調整区域になるので、家屋が建てられなくなると聞きました。線引きの説明会には行きませんでしたが、こうした土地では売買もできなくなるのではないでしょうか。
市長の回答
大野区域の線引きは合併当時に計画を立て、当初は概ね5年で行うとしていました。法律の改正もあり、所有地が地区計画や区域指定になれば家も建てられますが、所有地がこの区域に入るかは今は分かりません。
 また、所有地と同じ地区に10年以上住んでいる人が、この土地を購入すれば家を建築できたりするなどの県の基準もあります。線引きの縦覧については広報でお知らせします。線引きは市全体のことを考えて行わなければなりません。


道路の速度規制などについて
@2月に横須賀市から鹿嶋市に引っ越してきました。自然が豊かでよいところですが、自宅前の道路(市道0156号線)を大型車を含め、全ての車がスピードを出して通るため、通学中の小・中学生や自転車を運転する高齢者などが危険な思いをしています。速度規制の表示や道路標識の設置などはできないでしょうか。
A先日、市の窓口に行ったところ、市の職員の対応がよく気持ちがよかったです。また、自宅前を通学する小学生も元気よくあいさつをしてくれて、気持ちがよいです。

市長の回答
@速度規制や標識の設置については、警察署の判断になりますが、今回の内容は交通防災課に指示し、現地の状況を確認させます。
 また、全体としての交通安全への取り組みについても、民間の方やボランティア等が、特に子どもや高齢者を対象に、さまざまな活動をしてくれています。
A職員については、市民を第一に考えて対応するよう指導しており、徐々に浸透してきています。





▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス