鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後



市長と語る午後【今月のページ平成19年2月17日】
和地区の埋め立てと防音について
@近くで埋め立ての計画があり第1回目の説明会に出席しました。事業主は5社で会社の実態がつかめず、埋め立てに廃棄物などが持ち込まれたりして地下水や排水、水田などに影響はないのでしょうか、途中で事業をやめた場合の対応などが心配です。
近日中に2回目の説明会が開催されますので、市も出席してほしいと思っています。
A百里基地のジェット機が低空で飛ぶので騒音がひどい。
市長の回答
@状況を調査し、市の説明会の立会いは可能か調べて回答します。
A大野地区の一部が飛行ルートに該当しています。騒音の実態として住民の方が自主的に行うアンケート調査などは、百里基地へ繋いでいきます。

高齢化に対して行政管理指導について
@当地区は高齢者世帯が多く、地区の水路や排水溝などの地区清掃は、高齢者が人力で行っている状況です。機械を使うための助成をしてもらえないでしょうか。
A区に加入していない方が多く、加入者で清掃は行っています。区への加入PRをお願いします。
B地区によって格差があるように感じられます。
市長の回答

@地区清掃は地区や土地改良区など、その事業により、どのように対応しているのか現状を調べながら、地区でできることは、その地区にお願いしています。
A区への加入については、強制はできませんが、窓口で再度PRしていきます。
B格差は近づけていくようにしています。大野出張所の改良、循環バスの運行計画も進んでいます。鹿島地区・大野地区との連携をとりながら進めていきます。


学校給食(米飯)について
 学校給食に月1回地元産の米(特別栽培米)を使っていただいています。特別栽培米は減農薬で県認証の鹿嶋産コシヒカリです。来年度も引き続きお願いします。
 また、回数に増やしていただき、将来はすべて地元米を使ってほしいと思っています。その体制はすでに整っています。地元でとれた米を食べることで、市内の子どもたちが農業を身近に感じることができてPRにもつながります。
 入札価格は年2回変動しますが、できれば固定してほしいと思います。地域の農家のため、検討をお願いします。
市長の回答

地元でとれた米を使うことはご意見のとおりPRになり、いいことだと思います。要望として伺い、関係機関と調整を行っていきます。


障がい者の雇用について
 1月中旬ごろ、市役所人事課へ臨時職員の申し込みを息子がしました。市役所で障がい者の職員採用はどのようになっていますか。
助役の回答

 平成19年度の職員採用については採用試験を行い障がい者の採用をしています。臨時職員の採用については、手続きなど詳細を再度、人事担当からご連絡いたします。


道路の段差、振動について
 以前、自宅付近で水道工事が行われ、舗装し直した際、道路(県道)に段差ができました。夜中にダンプカーがスピードを出して走ったとき、家の窓ガラスが揺れて振動があります。市で補修はしていただけるのでしょうか。
助役の回答

ご意見の箇所は県道ですので、現地を確認し対応について、ご連絡いたします。


生活保護などについて
@病気で仕事をやめて、生活保護を受けたいと思い、市役所に伺いましたが該当しないと言われました。再度、くわしい説明をお聞きすることはできますか。
A医療費が高額であり、費用負担が大きいので、立替え払いの制度があれば教えてほしいと思います。病気の治療のため、東京に通院しています。交通費(バス・電車)は見てもらえないのでしょうか。
助役の回答

@話しづらいことはあると思いますが、市役所には相談室がありますので、気兼ねすることなく相談できます。いろいろな制度がありますので、説明を受けてはいかがでしょうか。お手数でも市役所にきていただければ説明します。
A医療費は高額療養費の貸付制度があります。通院時の交通費は見ることはできません。





▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス