鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後



市長と語る午後【今月のページ平成18年8月19日】
ヒ素問題について
 ヒ素問題で先日行なわれた説明会に参加しました。なぜ4地区に限定されたのでしょうか。1回だけの説明では理解できませんでした。現地や施設などを見学するなど、もう少し説明を聞かせて欲しかったと思います。
市長の回答
 ヒ素を含んだ土壌を再資源化センター(神栖市)で燃焼させ、無害化された焼却灰を市内の事業所で資源化(溶融処理)されると聞いています。手順として国が地元説明を行ない、地元の同意が得られ国が責任を持つことが条件で、現在調整を図っているところで、現在、受け入れについては保留中です。
 くわしい説明などの要望は、国、県に繋いでまいります。

大野地区の線引きについて
 大小志崎での説明会に出席しましたが、十数名の参加者でした。土日をはずして、平日に行なっては集まりません。建設部長のみの出席でしたが、すべての部長が出席すべきです。市長にも出て欲しかったと思います。
 大野地区が全域調整区域になることは、大野地区にとって明るいまちづくりなのでしょうか。なぜ、今、線引きなのか理解できません。7月に説明会を行い、来年の4月に実施されると聞きました。私たちには死活問題であり、私たちの意見も取り入れてほしいと思います。私たちは、県に対してこの線引きは反対であることを話してきました。
市長の回答

 大野地区の都市計画については、鹿島町と大野村が合併する際、県に提出した合併建設計画に盛り込まれている内容です。実施時期が今日までずれこんでいます。
 実施にあたり、まず、地区の皆様と意思疎通を図るために建設部での説明会を実施いたしました。今後20年先、30年先のまちづくりのため、農用地、山林などの自然環境の保全と乱開発防止を図り、きちんとした環境整備を進めたいと考えています。
 地区の皆様の意見を聞きながら、農用地を含んだ地区計画、区域指定、時期の決定をしてまいります。今、私にできる最大限の努力はいたします。


三笠まちづくりセンターなどついて
 @青葉会(カラオケ)で三笠まちづくりセンターと総合福祉センターを利用しています。先日、説明会があり、三笠まちづくりセンターを三笠小学校に移転した場合、学校が休みの土日しかカラオケが利用できないと言われました。防音設備のある部屋を設置して、平日でも利用可能にしていただきたいと思います。あるいは、毎週、総合福祉センターを利用できないでしょうか。
 A市役所の職員が減っているので、市議会議員の数も減らすべきかと思います。
 B鹿嶋市民は千葉県の旭中央病院に通っている人が多くいます。市民のために大きな病院をつくってください。
市長の回答

 @総合福祉センターを毎週利用できるか調整をしてみます。また、現在の三笠まちづくりセンターを解体した後、跡地の利用について今後検討していきます。
 A議員の定数は議員が決めるものです。ご意見として伺います。
 B病院については、市だけではたいへん難しく、国・県が動かなければ整備できないと考えます。


集水溝の清掃について
 自宅前の集水溝に土がたまってしまい、雨がふると水はけが悪く、排水できなくなってしまいます。水がひくのに1日かかってしまうときがあります。市でなんとか対応していただけないでしょうか。
市長の回答

 現地の状況を見て対応できるか検討します。





▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス