鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後



市長と語る午後【今月のページ平成18年3月18日】
県道(荒井跨線橋)について
 自宅から荒井跨線橋を渡って、大野出張所や買い物に行っています。跨線橋は一部、歩道がありますが線路の上はなく、トラックなどが通るときは特に危険を感じます。学校に通う子どもたちや車を運転しない高齢者も使っています。
 高齢者にとっては、跨線橋の坂の上り下りがつらく感じるときがあって、踏切の設置はできないのでしょうか。
 また、大野地区の高齢者は車がないと買い物に行くとき、不便な点があります。バスの運行本数も少なく、タクシーを利用すると6,000円もかかってしまいます。大野地区に大型店舗の招致をお願いします。
市長の回答
 大野地区では事故防止のために地元からの要望があって、線路にはすべて跨線橋がつくられています。こうした経緯がありますので、踏切の設置は難しいと思います。
 跨線橋の歩道については、当路線は県道ですので、茨城県に要望として伝えていきます。
 市の公共交通機関のあり方については現在検討しています。乗り合いタクシーなど、市民が利用しやすいものを調査研究しています。


悪臭・騒音について
 サンポート北側駐車場に発電設備があって、そこから出る排気が風向きによって自宅のほうに流れてきます。鼻をつくような臭いで、昼間に窓が開けられないときがあります。閉店まで設備は稼動していて、騒音もあって困っています。大気汚染防止法などに違反していないか調査をお願いします。
市長の回答

 法規制などで問題があるか調査して連絡します。県や事業者にもご意見の内容を伝えます。


工場建設について
 以前にも市長と語る午後でお話ししましたが、地域住民に事前の説明がなくて、高さ25mを超える圧迫感のある建物が家の南側に建設されています。工場の排気口が北側にあって、大気汚染による健康被害が心配です。
私たちは癒しを求めて土地を購入して、家を建てて住んでいます。今後、工場の粉塵による住民に健康被害が出ないように要望します。後世に良い環境を残すことの大切さを一番に考えていただきたいと思います。
市長の回答
 行政としてできる限りの範囲で市民と事業者との連絡調整を行っています。事業者への指導は難しい面がありますが、今後も市として誠意を持って地域住民の思いを伝えていきます。事業者には社会的責任、企業倫理といったものが重要だと考えます。

鹿嶋市の観光について
 観光振興ビジョンで鹿島神宮と香取神宮の比較があって、香取神宮の方が観光客数が多くなっています。市には鹿島神宮がありますが、他の観光資源とは直接結びついていないのが現状です。神宮を中心にゆったりと過ごせる環境整備を進めていきたいです。
 また、市の観光について話し合う場があればいいと思いますが、行政のお膳立てでは長続きしません。継続していくには、自分たち自らが進めていくことが必要だと思います。
 鹿島鉄道の存続・廃止が話題となっていますが、観光ルートとして上野〜石岡〜鉾田〜鹿嶋を考えてもいいと思います。
 旅館組合ではスポーツ推進委員会を設けて、スポーツのまちとして各種大会の誘致を行っていこうとしています。その意味では、ト伝の郷運動公園の人工芝化は多少の雨でも使うことができて、成果は大きいと思います。
市長の回答
 現在、鹿島神宮駅前の賑わいづくりについて検討しています。その中で駅と鹿島神宮のネットワークを図り、人が行き来する仕かけを考えていきたいと思っています。
 行政に頼る時代ではなく、当事者自らが考えて進めていく必要があると考えます。一人の百歩より百人の一歩のほうが大切です。市としてもできる限り支援していきます

看板表示・市ホームページなどについて
 @国道51号線にある表示が未だに大野支所になっていて、また、鹿嶋勤労文化会館もまだ「鹿島」という表示になっています。施設名称を変えるのであれば、看板なども変えるのは当然だと思います。
 A市のホームページについては編集会議を行っているのでしょうか。内容がコマ切れになっていると感じます。ホームページから市長に直接意見が言えるようにしてほしいと思います。
 B高松緑地公園駐車場は雨がふると水がたまってしまいますので、改善をお願いします。
市長の回答
 @看板表示については、名称を変更した時点で変えるべきものだと思います。
 AB意見として伺います。

障害者自立支援法に伴う手話通訳の登録について
 私は現在、手話通訳として県に登録しています。県主体で事業の運営が行われていて、鹿行地域で講座が行われるときには講師として派遣されています。障害者自立支援法が制定されて、市の登録になるのでしょうか。
市長の回答
 手話通訳の登録、サービスの提供は、県、市どちらで行うのか決まっていない状況です。方向が決まりしだい連絡をします。障害者自立支援法については、市報などで周知をしていきます。




▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス