鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【平成17年11月12日】

軽度知的障がい者支援のための生活ホーム設立について
 四ツ葉会は知的障がい者を支援する会として、生活ホームの設立に向け準備を進めています。現在、衛生センター内の業者が知的障がい者を雇用し、自立支援に協力しています。しかし、保護者が病気や高齢などで養育できなくなるときは必ず来ると思います。そこで、障がい者が自立できるよう生活ホームを設立し、地域社会でサポートし自立支援をしていきたいと思っています。
 しかしながら、障がい者の給料が月7万円前後のため、市からも家賃などの援助をお願いしたいと思います。
市長の回答
 制度的に必要であると認識しています。しかし、財政的に厳しい状況にありますので、当面支援グループの協力をお願いします。今後、財政担当及び福祉担当(社協含む)で協議し事務レベルで検討していきます。

鹿嶋市の交通網について
 メロンバスが廃止され、市の代替バスは平日しか運行しないため、車のない人が土・日曜日に外出できなくなっています。土曜日または日曜日のどちらかと正月は人の出入りがありますので、運行してほしいと思います。
 タクシーを使うには金銭面で限界があります。鹿嶋の発展には交通網の整備は必要だと思います。もっとバス利用を奨励してはいかがでしょうか。
 また、鹿島商工会館が起点・終点となっていますが、鹿島神宮駅までの延長やバスターミナル周辺にも停留所を設けてほしいと思います。
市長の回答

 大野地区の代替バスは学校に通学する子どもを優先し、平日のみの運行となっています。ご意見のとおり、土・日・祝日についての問題はあると思っています。現在の運行は来年3月までの暫定的なものと考えていて、今後、バス運行についてはきちんと検討し、対応していきたいと思います。鹿嶋市全体の交通網について計画的、段階的に話しを進めていきます。
 正月については人が動く時期ですので、検討していきます。鹿島神宮駅までの延長や停留所についても関係機関と調整したいと思います。


鹿嶋ライフガードチームの活動報告、平井海岸の今後について
 平成19年度に平井海岸がオープンすると聞いています。そこで私たち鹿嶋ライフガードチームとしてお願いしたいのは、監視塔や倉庫の設置です。いざというときに備えて、年間を通して練習などを行っていますので、常設の倉庫があればいいと思います。1階が倉庫で、2階が監視塔というものが理想です。
 平井海岸は年々、海水浴客などが増えていて、にぎわってきています。ビーチクリーナーを購入してほしいと思います。
 チームとして意見をしていきたいと思っていますので、市とともに平井海岸の今後を考えていきたいと思います。
市長の回答
 みなさんの活動については、大いに助かっていて、感謝しています。ご意見の内容については担当課と検討していきたいと思います。

もどる



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス