鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【平成15年4月19日】

バスの運行について
 巡回バスの運行以外の関東鉄道のバスで、神向寺から市役所経由のバス路線ができないでしょうか。(神向寺−市役所−ターミナル)

 また、旧鹿島町や旧大野村の首長経験者などに市長が出向き、行政に対する意見を伺ってはいかがでしょうか。
 
市長の回答
 バスの運行については要望等を行っていきます。また、経験者への訪問についても検討していきます。


雇用問題について
 50歳を過ぎていると雇用が少ない上に資格や免許がないと厳しい状況です。年齢制限があって、経験よりも資格を優先している傾向にあります。市はこの問題についてどのように考えていますか。

市長の回答
 市としても雇用については頭の痛い問題です。高卒などの新規採用でも内定率は高くはありません。首都圏ならばまだ雇用はあると思いますが、地元では少ない状況です。

 最優先の課題は若年層の就職と考えていて、市としては企業には一人でも二人でも多く採用していただけるようお願いをしています。50歳前後の就職となると非常に厳しい状況にあると思いますが、ハローワーク常陸鹿嶋(公共職業安定所)の職員もよくがんばってくれていると思いますし、定年後ならば文化財の発掘などの分野で仕事をしている人もいます。


塩害対策について
 ヘッドランドをつくってもなお、現状がひどくなっていて砂地が一層浸食され住民は困っています。現地確認には天候の悪いときに見に来ていただきたい。これは災害なので費用の大小にかかわらず県は対策を講じるべきです。

市長の回答
 県が現地を見に来たことは市民が動いたことによる前進だと思います。市長自ら県知事を通じて動いていますので、もっと県へ呼びかけてください。今後も県や県議員へ行ってお願いをしますので、明確な回答があるまでがんばるべきだと思います。


地域の活性化、場外車券場について
 地域の活性化のためにレジャー施設を誘致したらいかがでしょうか。一つの案としてプールランドをつくり人を集めることを考えていて、民間会社に働きかけを行っていこうと思っています。

 高松緑地公園の近くに車券場ができるということですが、青少年市民会議としては反対の立場です。

市長の回答
 プランや意見があれば各地区にできるまちづくり委員会に参加して、意見を出すのも一つの方法です。誘致については今、行政が先導するのは難しい状況にあり、民間主導で仕掛けてもらって行政はそれを支援・協力する形になります。

 車券場についてはなかなか保留地が売れないで困っていた区画整理組合が、場外車券場の設置者に土地を売ることになりました。車券場の認可は国であり、地元の合意が必要です。

 市は法的には立ち入ることはできません。許可が下りれば市は周辺の環境を守るため、当然ながら市民の意見も十分に取り入れ、さまざまな対策を講じていきます。関係機関とも協議して万全な体制を取っていきたいと考えています。


犬猫問題について
 野良犬を保護し、引き取ってくれる里親をさがす活動をしています。(昨年約30匹を保護)鹿嶋市は犬猫の殺処分数が県内で4番目に多いのです。(H12=800匹、H13=770匹)この問題に対して下記のとおり要望します。

(1)定時定点回収時に連れてきた人への指導を徹底
  2度とないように強く指導、名簿の作成

(2)不妊手術代(1匹30,000円)をローンにできるよう交渉を

(3)動物愛護推進員制度の設置

(4)庁舎内に犬猫の譲渡板を設置

(5)市報3月20日号の5ページの記事の内容

市長の回答
 要望については一つ一つ検証して、できるものはやるようにしたいと思います。動物愛護の担当は現在兼務となっていますが、専任にできるかどうか検討したいとは思っています。譲渡掲示についても一つの方法だと思いますが、市役所だと他の事項との兼ね合いもあると思いますので良い方法を考えていきます。 


場外車券場について
 場外車券場ができると聞きました。説明会が県議選の最中に行われているのは、何か意図があったのではないでしょうか。スポーツのまちというクリーンなまちづくりをしているのに、収入や雇用で良い面はありますが、もう少し違ったものがなかったのでしょうか。生活環境や風紀の乱れ、青少年に対する影響が心配です。財政が厳しいからこのような施設を誘致するのでしょうか。

 また、鹿嶋市は海や夕日がきれいで、観光資源もたくさんあるところなので、どんどんPRしていってほしいと思っています。

市長の回答
 県議会の選挙時期との関連はないと思います。場外車券場の建設予定地については平井東部区画整理事業地域内ですが、平井東部区画整理組合はこれまで事業の再構築を図るため、保留地を処分しようとショッピングセンターの誘致や住宅地の販売を推進してきました。

 しかし、なかなか処分する相手が見つかりませんでした。結果的には場外車券場の話しが出てきて、その「設置者」に保留地を売却するとのことです。この件については組合として生き残りをかけた選択だったと思います。

 当然、設置には地権者の同意、自治会の同意が必要であり、地区の取りまとめの結果では賛成ということになったようです。今後、警察を始め関係機関と十分連携をとり安全対策を行い、青少年の教育に影響がないように最大限の努力をしていきます。

 観光については、海や夕日などのきれいな風景写真をホームページに掲載して、鹿嶋市の良いところを広く知っていただけるよう努めていきます。


もどる



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス