鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【平成15年2月15日】

白鳥飛来の場所の保護について
 大船津〜須賀にかけて白鳥が飛来しています。それに伴って禁猟区にして欲しいと思います。

市長の回答
 調査をして保護区の指定をしたいと思います。

[環境課の回答]

 鳥獣保護区や銃猟禁止区域等については,鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律において,環境大臣又は都道府県知事が指定することができるとなっています。区域の指定にあたっては,県鳥獣保護事業計画への位置付けや猟友会等の利害関係人との調整,県審議会への諮問等の手続きを踏まえていくことになります。

 さて,大船津から須賀の北浦沿岸への白鳥の飛来について,平成15年2月27日,28日の2日間,現地を調査したところ,27日には爪木ノ鼻付近で9羽のコブハクチョウを確認しましたが,28日は確認できませんでした。

 爪木ノ鼻(先端)からJR鹿島線にかけては鳥獣保護区に指定されており,また,白鳥は狩猟鳥獣として認められておりませんので保護区等の区域外であっても狩猟することはできません。鳥獣保護区等の茨城県への要望については,白鳥飛来の定着度を含め,今後の野生鳥獣の生息状況等を見極めながら判断していきたいと考えています。

 当区域においては,自然回復事業として養浜やアサザ植栽等が行われており,今後,野生鳥獣の生息状況の変化が予想されるため,注意深く観察していきます。

<北浦湖岸の白鳥の飛来に関する現地調査結果>
 須賀〜大船津地区の北浦湖岸の白鳥の飛来状況について,2日間,現地調査を実施した。

調査日時 気候等 調査結果
平成15年2月27日
午後2時30分
晴れ
風が強い
爪木ノ鼻付近で9羽のコブハクチョウを確認した。
平成15年2月28日
午後1時
晴れ
穏やか
1羽も確認できなかった。


印鑑証明書の発行などについて
(1)印鑑証明書の即日発行(代理申請)について
 子どもがアパートの賃貸契約を更新する際に至急入手したいため、子どもの代わりに親が来庁して申請を行いましたが、手続き上できないということでした。どうにか対応できないでしょうか。

(2)市民ボランティアが講習を受けられるシステムをつくってもらいたい。一般ボランティアが精神福祉士などの講習を受ける機会を広げていただきたいと思います。

市長の回答
 (1)(2)事例として参考にし、今後の対応として検討していきたいと思います。

[市民課の対応]

 印鑑登録の申請においては「本人又は本人の意思の確認」をしなければならないという国の通知に基づいた制度の事務を行っています。

 本人自らが来て申請した場合は本人を証明するものがあれば即日発行できますが、代理人が申請する場合には、「文書による照会」で「本人又は本人の意思の確認」を行わなければなりません。

 確認には市役所から本人宛てに「照会書(改ざん防止の特殊な用紙を使用)」を送付しますので、即日発行することはできません。これは事故防止を第一とし確認を行っているものであり、最善の方法と考えていますので御理解をいただきたいと思います。


もどる



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス