鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

市長と語る午後


市長と語る午後【平成14年11月16日】

幼稚園の民営化について
 11月24日の幼稚園の会議に出席しましたが、思ったことが言えませんでした。もう一度市長の考えをお聞かせ願いたい。

 私の意見としては、何でも対応してくれる民間の施設も重要ですが、公が運営する幼稚園も必要だと思っています。私立と公立の選択ができることには賛成です。また、公立の方がベテランの教諭が多いので、子どもを預ける側としては安心します。行政全般に公平に平等に力を注ぐことは理解するけれども、教育については重点を置いて力を注いでもらいたい。

 また、教育委員会で今年度中に方針を決めなければならないということですが、この方向付けは大野のみなのか全市としての考えなのでしょうか。

市長の回答
 10月24日の会議では自分の考えを明確に伝えたつもりですが、多くの方から意見が聞くことができず、みなさんの受け止め方を心配していた面もありました。幼稚園、保育園など民間に委託してサービスの向上が図れるものについては、実施していきたいと考えています。

 現在も市職員が公務にあたっているので、すぐには民営化できない現状にあります。今後、10〜20年という長期間の中で考えていく問題ですが、幼稚園すべてが民営化にはならないだろうとは思います。公立であれ、私立であれ幼児教育には隔たりはないので親としての役目を果たしてもらえば良いのではないでしょうか。市としてはそのような環境がつくることができればいいと思います。

 市全体で調整を図るべきだと考えていて、また教育委員会へもそのような検討を指示しています。大野地区については具体的な動きがでありますが、まだ旧鹿島地区では具体化されていませんので、将来的には考えていくべきだと思います。


三笠小学校2年生6人
 「まちのたから」というテーマで市長へインタビュー

もどる



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス