スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
koreanEnglish中文

市長室



市長挨拶    市長所信  市長交際費  車座懇談会



 鹿嶋市長

  

 明けましておめでとうございます。
 皆様におかれましては,清々しい初春をお健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 また,日頃から市政運営に対しまして,皆様の温かいご理解とご協力をいただいておりますことに深く感謝いたします。
 さて,昨年を振り返りますと,「スポーツ先進のまち」を掲げる本市にふさわしい,市民並びに団体の活躍がありました。
 何といっても,市民にとって一番の出来事は,鹿島アントラーズが,J1年間王者を奪還し,そして,クラブワールドカップにおいて準優勝という素晴らしい成績を収めたことではないでしょうか。多くの市民に夢と感動を与えてくれたとともに,カシマを全世界にPRしてくれたことを大変有難く思っております。行政として,この世界に響いた知名度を,今後の地域づくり,まちづくりに生かす責任があると強く感じています。
 また,他の団体においても,清真学園弓道部が高校男子団体,中学女子団体が日本一に輝き,新日鐵住金鹿島硬式野球部(ブルーウィングス)は,都市対抗野球大会に続き,社会人野球日本選手権大会への初のダブル出場を達成しました。さらに,鹿島中学校,鹿島学園高校サッカー部ほか,多くの個人と団体の方々が全国大会出場を成し遂げました。
 市の取り組みといたしましては,砂浜が続く美しい海岸を活かしたビーチフェスタのイベントとしてビーチランを行ったほか,一昨年に新たに設置した女性支援室が,子育て中の母親や働く女性たちを応援する目的で「女子フェスタ」を開催するなど,新たな取り組みにチャレンジした1年でもありました。
 また,私が重点プロジェクトとして位置づけております歴史資料館(仮称)の建設につきましては,改めて吟味した結果,現在,空き家などによる空洞化が進みつつある神宮周辺地区での賑わい創出効果などの課題を踏まえ,今後は,権利者や関係者の皆様のご理解とご協力をいただきながら,「社会資本整備総合交付金」を活用し,再開発手法を取り入れた面的整備計画を策定し,施設整備に取り組んでいく方針を決定したところであります。また,大野地区の温水プールも設計費を計上いたしました。
 これまでも,「子育てするなら鹿嶋市で」のスローガンのもと,待機児童の解消や高校生以下の医療費無料化,子宝手当の支給など子育て支援の充実を図るとともに,英語教育など教育力の向上にも取り組んでまいりましたが,本年は,これに加えて,民間事業所における「病児保育事業」をスタートさせる予定です。あわせまして,地方創生の一環として,「若者の移住定住策」をはかるのために,雇用,結婚,出産,子育ての一連の環境を整えてまいります。
 結びに,今後も故郷“鹿嶋”への思いは,ますます大きくなる一方です。引き続き「鹿嶋の発展と市民の幸せ」を願い,全力で市政運営に努めてまいります。
 本年が皆様にとって実り多い1年となりますようご祈念申し上げまして,新年のごあいさつとさせていただきます。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

   平成29年1月1日
                                                鹿嶋市長 錦織 孝一
 


▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス